海外FXでの両建ては最強!?禁止されやすい両建てのメリット・デメリットを徹底解説!

FXをやっていると「両建ては最強の取引手法!」っていう言葉を見かけませんか?
そして一度は皆さんはこう考えるはずです。

「両建ては、買いポジションで利益出たとき売りポジションは損になるけど、やる意味あるのか?」
「スプレッドもあるし両建ては利益出ないのでは?」

なので今回は、両建てをするメリット・デメリット、実際に両建てを使うタイミングや手法について図解付きで詳しく解説しました!

この記事のポイント
  • 両建てをすると必要証拠金が0になる海外FX業者で行うと効果的
  • 複数の通貨ペアで取引することでリスクを分散化するメリットがある
  • 利益を伸ばす選択肢を増やす他、税金対策にも有効
  • 強制ロスカットの回避などリスク回避のテクニックとしても使える
  • 両建てにおすすめの海外FX業者は必要証拠金がゼロになるXM Trading!

日本人に大人気の会社

目次

海外FXにおける両建てとは?

海外FX 両建て 最強

両建てとは、同一の通貨ペアで売りと買いのポジションを同時に保有することを意味します。

この状態だと、「どちらかのポジションは含み益でもう一方は含み損なので意味ないのでは?」と感じるかもしれません。

ただし、FX業者によって両建て取引の証拠金の扱いが異なります。

海外FX業者の証拠金の扱い
  1. 両建てポジションを保有すると、売りと買いで2倍の証拠金が必要
  2. 両建てポジションを保有すると、片方のポジションのみ証拠金が必要(両建てMAX方式)
  3. 両建てでポジションを保有すると、必要証拠金が0になる

1のような業者では、証拠金維持率が影響して強制ロスカットに引っかかるリスクが高くなります。

2のような業者では、片方の証拠金のみでよいので普通の取引と変わりません。

3のような業者では、必要証拠金が0になる良心的な業者もあります

1と2は国内FX業者に多く、3は海外FX業者に多い傾向にあります。
その中でもXM Tradingはおすすめの海外FX会社になります。

日本人に大人気の会社

海外FXで両建てを行うメリット3つ

海外FX 両建て 最強
海外FXで両建てをするメリット
  1. リスクの分散化
  2. 税金対策
  3. 利益を伸ばす選択肢が増える

海外FXで両建てを行うメリット①:リスクの分散化

両建てすると必要証拠金が0になる環境での両建てはリスクを低減し、かつリスクを分散化することができます。たとえば、複数の通貨ペアを監視し並行して取引をすることが可能です。

<クロス円先行銘柄>

海外FXで両建てを行うメリット①
出典:MetaTrader4

①戻り高値を超えたところで、買いエントリーと同時に移動平均線直下にストップロスを設定
②下落し始めたところで利確せず、売りエントリーと同時に直近高値にストップロスを設定

この時点で、9.3pipsの利益が確定(買いと売りのエントリーライン間)

③売りエントリーが損切りとなるのでここで5.4pipsの損失
④前のローソク足の安値を下回ったところで①買いを利確

合計で20.9pipsの利益

これと同時にポンド円が遅行していたので、並行してエントリーします。

<クロス円遅行銘柄>

ニュージーランドドル円両建て遅行銘柄
出典:MetaTrader4


①前足と移動平均線を上抜けたところで買いエントリー同時に直近安値にストップロス
②移動平均線を割り込んできたところで利確せず、売りエントリー

この時点で9.7pips(-スプレッド)の利益が確定の(エントリーライン間)

③売りエントリーが損切りとなるのでここで3.3pipsの損失
④勢いがなくなったところで①買いを利確

合計で14.7pipsの利益

このように、クロス円の先行銘柄と遅行銘柄で両建てすることで、とりあえず利益を早い段階で確定させることができます。リスクを分散させることができるので楽な気持ちで取引が可能です!

同様にクロス円の通貨ペアで長期的なロングポジションを保有中、これと相関関係にあるドルストレートの通貨ペアを短期的なショートポジションを保有して、ショートポジションが反発したらすぐに決済(利確)することもできます。

両建ては別々の通貨ペアを同時進行でリスクを分散・コントロールしながら利益をあげることができるメリットもあるです。

XM Tradingなら同一口座での両建ては制限されていませんし、必要証拠金も0になるのでまだ一度も海外FXで取引したことない人におすすめです!

日本人に大人気の会社

海外FXで両建てを行うメリット②:税金対策

FX取引をしていると毎年、対応しないとならないのが確定申告。サラリーマンは年間のFX利益(所得)が20万円、個人事業主は38万円を超えると確定申告を義務付けられています

たとえば、あなたが給与所得者で、来年3月の確定申告をするのが面倒と思いながら年末を迎えたとします。その時点で19万円の年間利益があり、含み益が3万円のポジションを保有中、決済すると確定申告をしなければなりません。

しかし、決済しないままポジションを持ち越すと年始の相場の急変動(フラッシュクラッシュ)に巻き込まれ、含み益が含み損に逆転してしまうかもしれません。

こういう時は、時点の含み益を守るため反対のポジションをもって、両建て状態にすることで含み益を守ることができ、確定申告をする義務も免れます

そして年が明けてから、両建てで保有していたポジションを同時に決済すれば、3万円の利益を獲得することができるのです。

また、海外FX所得は総合課税に分類され、所得に応じた累進課税率が適用されています。あと数万円で税率が2倍になるなどの状況にも同様に有効です。

このように両建ては、合法的に税金対策できるので、大変有効な税金対策として活用できます。

FXで両建てを行うメリット③:利益を伸ばす選択肢が増える

FX相場は70%がレンジ相場と言われています。そのレンジ相場では、相場がトレンドを継続するのか、それとも転換点を迎えるのかは長いレンジを経て、レートがレンジを突破した結果でしか判定できません。

レンジ相場が継続中には、ポジションを決済するべきか継続して保有するべきかどのようなタイミングで決済すべきか迷うところです。しかも、いつまで続くか分からないレンジ相場を監視しなければなりません。

そこで、両建てでポジションを保有するとどうでしょうか?

レンジを抜けてトレンド継続か転換かを判別できるポイントで片側の反対ポジションを決済し、トレンドに沿ったもう一方のトレンドに沿ったポジションを保有していれば、更に利益を伸ばすことができます。これを、つなぎ売買とも言います。

このように両建ては、相場がどちらに動くか分からないときに、利益を伸ばす有効な手法と言えるでしょう。

FXで両建てを行うデメリット2つ

海外FX 両建て デメリット

両建てのメリットがについては、ご理解いただけたところで、デメリットについても認識しておく必要があります。

海外FXで両建てをするデメリット
  1. ゼロカットの確率が上がる
  2. スプレッドの変動を受けやすい

海外FXで両建てを行うデメリット①:ゼロカットの確率が上がる

両建てをするとゼロカットの発動確率があがる業者は、証拠金が2倍になる業者になります。証拠金が2倍になると証拠金維持率がその分低下します。

片側のポジションはプラス、もう一方はマイナスで相殺されても、マイナスのポジションを決済すると一瞬口座残高がマイナスになり、ゼロカットが発動するリスクがあります。

もし、強制ロスカットが発動され、口座残高がマイナスになった場合は、即刻残りのプラスポジションを決済して、口座残高をプラスにするように対処しましょう!

ただし、ゼロカットが発動してしまった場合は、諦めるしかありません。

両建てで証拠金が2倍必要なFX業者、片方の証拠金が必要なFX業者では、たとえゼロカットシステムを採用していても両建て取引は避けましょう!

FXで両建てを行うデメリット②:スプレッドの変動を受けやすい

この問題も、両建てでポジションを持つと証拠金が2倍必要になる業者の場合に、発生する問題です。

昨今、国内外問わず、FX業者のほどんどが変動制スプレッドを採用しています。変動制スプレッドは、相場参加者が少なく指値注文がとびとびに入っている状況で注文をだすと、現在価格から離れた指値注文と約定してしまいます。

両建てでポジションを保有すると必要証拠金が2倍になる業者では、スプレッドが広がる時間帯に強制ロスカットに引っかかる可能性が高くなります

もし、強制ロスカットが片方のポジションに執行され、更にマイナス方向に相場が動いて口座残高がマイナスになると、ゼロカットまで発動することになります。

対策として、両建てで証拠金が2倍必要になる業者では、両建て取引自体を避けるか、両建てで証拠金が0になる業者で取引するようにしましょう

海外FXで両建てが最強になるタイミング4選

海外FX 両建て 方法
海外FXで両建てをするタイミング4選

海外FXで両建てが最強になるタイミング①相場の急変動

相場は急変動して短時間の間に50pipsから100pips近くまで動いて損失が発生したときの両建て取引するタイミングを見てみましょう。

mt5-米雇用統計発表時チャート
出典:MetaTrader5

上の図の例では、5分で50pips急落した後、下髭で30pips以上戻しています。

上昇トレンド中に買いポジションを1ロット保有した50分後に30pips下落、3万円の含み損が発生
相場は強固な下値支持ポイント(押し安値)まで、あと30pipsの下値余地が確認できる状況とします。

そこで、1ロットの売りポジションを持つと以下の表のとおりになります。(ここではスプレッド・取引手数料は勘案しない)

スクロールできます
下落時pips数の変化買い(10万通貨)売り(10万通貨)含み損の金額証拠金維持率
-30pips-3万円-3万円143%
-40pips-4万円+1万円-3万円143%
-50pips-5万円+2万円-3万円143%
-60pips-6万円+3万円-3万円143%

保有しているポジションと反対のポジションを持つことで、損失が固定化されるため含み損と証拠金維持率は変わらないので、強制ロスカットは発動しません

また有効証拠金は2万円のままですから、この時点で戻り(反発)相場に期待できるようであれば、売りポジションを決済します。

すると、MT4やMT5のターミナル取引の表示は以下のとおりになります。

残高有効証拠金余剰証拠金証拠金維持率
8万円2万円2万円143%

残高は5万円から8万円に増加するものの含み損は6万円ありますから有効証拠金は2万円のままです。しかし、損失が確定する強制ロスカットを免れることができました。

戻り相場で、-60pipsから-30pipsまで戻した場合、以下のとおりになります。

残高有効証拠金余剰証拠金証拠金維持率
8万円5万円5万円357%

買いポジションをロスカットすれば、損失が-3万円で確定し、MetaTraderのターミナル取引ウインドウの表示は以下のとおりになります。

残高有効証拠金余剰証拠金
5万円5万円5万円

元の残高に戻っています。

両建てでポジションを持つ(両建て)取引は、急激な相場の動きに巻き込まれ更に損失が拡大しそうなときに以下の狙いで有効です。

両建て取引が急激な相場の動きに有効な理由
  • 損失を固定化し拡大させない
  • 強制ロスカットによる損失の確定を防ぐ
  • チャンスがあれば損失を取り戻す

急激な相場で両建てをすれば少なくとも損失を拡大させない、証拠金維持率を回復して強制ロスカットを回避することはできます

その後の相場の値動きが読みやすくなった時点で含み益があるポジションから決済をすれば、強制ロスカットを避けることができます!

両建て取引によって含み損や証拠金支持率を操作できるので、急な相場の時はとりあえず両建てポジションを取ることもできます。

このように両建て取引は、急な相場の動きにおいて最強です。

元に戻る

海外FXで両建てが最強になるタイミング②経済指標時

経済指標発表時に特化した取引を禁止している海外FX業者もありますが、XMではこれを禁止していません。そのため、経済指標発表時の両建て取引は、XMでは絶好のチャンスとなります。

Yahooファイナンス経済指標
出典:Yahoo ファイナンス

上記表は、2022年4月1日にあった経済指標発表です。注目のユーロ圏の物価指数などの発表がありました。
経済指標発表の5営業日前に米ドル/円は125円09銭の高値をつけたあと、下落していましたがこの4月1日でどこまで戻すかが注目されていました。

結果は、2時間で46pipsの上昇に終わりましたが、当日は既に90pips以上上昇していたのでかなりの変動幅と言えます。

以下は、雇用統計発表時の15分足チャートです。

mt5-米雇用統計発表時
出典:MetaTrader4

このチャートでの理想はこのローソク足の安値で買いポジションを保有し、高値を更新した後下落したところで売りエントリーすればることです。

この日は全体的に強い上昇トレンドであったため、大変読みやすい環境だったと言えます。

FX相場は大型の経済指標発表を節目として、その直後に大きく動く傾向がありますので、両建て取引をする前提であればリスクをコントロールできるので最強と言われています。

元に戻る

海外FXで両建てが最強になるタイミング③うねり取り

日本の江戸時代の米相場で「相場の大神様」と讃えられた本間宗久(そうきゅう)が編み出したといわれる「うねり取り」
酒田五法でも有名ですよね。

実は、この「うねり取り」も両建て取引です。以下の図を見てみましょう。

mt4-両建てうねり取り
  1. 下落が止まったかもしれないと1ロット買い注文 → 上昇5波が確認できたところで決済
  2. 更に下落したため、1ロット追加で買い注文 → 下落し始めたところで決済
  3. 戻り高値を超えたので、1ロット追加で買い注文 → 直近安値を割り込んだところで決済
  4. 上昇が止まったかもしれないところで1ロット売り注文 → 下落5波が確認でき反発したところで決済
  5. 反発が弱いことを確認して1ロット追加で売り注文 → 戻り高値を超えてきたところで決済
  6. 押し安値を割り込み下落3波の始点で売り注文 → 上昇3波が確認できたところで決済
  7. ④⑤⑥の売りポジションを持った保有したまま、戻り高値付近で1ロット買い注文
  8. ④⑤⑥の売りポジションを持った保有したまま、戻り高値に向かって反発したところで1ロット買い注文
  9. ⑤の売りポジションを持った保有したまま、上昇3波の始点で1ロット追加の買い注文

このように「うねり取り」は原則逆張りによる両建て取引になります。その名のとおり、相場のうねった下落波動のポイントで買いエントリーし、更に下げたら買い下がります。そして、戻り高値を超えてトレンドが転換したところで更に買いエントリーし上昇相場を獲ります。

同様に売りについても、まず上昇している段階でエントリーし、更に上昇したら売りあがり、押し安値を割り込んだところで追加でエントリーします。

⑦⑧で両建て状態のときは、もっともリスクが低く、買いまたは売りのポジションを決済し売りポジションが一つしかない⑨の状態では最もリスクが高い状態と言えるでしょう。

このようにうねり取りは、ポジションを両建てで保有したり一部を決済しながら同時にリスクをコントロールする最強の手法です。

上に戻る

海外FXで両建てが最強になるタイミング④:ロスカット回避

mt4-両建て取引で強制ロスカット回避

上の図は、「①相場の急変動」で先述したポンド円の5分足を15分足に切り替えたチャートです。急に30pips近く下落し、口座残高は5万円なので、あと17,000円(17pips)の含み損が発生すると強制ロスカット(証拠金維持率20%)が執行される状況です。

ここに移動平均線(黄線)を割り込んだところで売りエントリーを入れることで、これ以上証拠金維持率が下がらないよう歯止めをかけることができます。
強制ロスカットラインを割り込んでも強制ロスカットされることなく、押し安値で反発し15分足では陽線になっていることが分かります。

この場合は下ヒゲが黄線を超えてくるようであれば、売りポジションは決済しないと損失が増える可能性もあります。
値動きをよく見て相場の勢いを分析できれば、適切に判断できるようになります。

両建て取引は、口座残高がマイナスになるような最悪の事態を回避できる最強の手法ということがお分かりでしょう。

上に戻る

海外FXで両建てにおすすめの会社はXM Trading

海外FX 両建て
XM Tradingを使うメリット
  • 取引ごとに現金やボーナスと交換できるポイントが貯まる
  • 初めて口座開設をするとボーナスがもらえる
  • 両建てを行うと証拠金維持率が0になる
  • ポイントを使えばスプレッドや手数料も安い

XM Tradingは日本人が愛用している海外FX会社の1つです!

同一口座なら両建ての制限はしていないので安心して両建て取引できます。

何より1ロットの取引ごとにポイントがもらえるので、取引量の増える両建て(うねりとりや急相場の時)が他の取引所よりもお得にできる会社です!

XM Tradingはボーナスやポイントなど現金以外のサービスが充実しているので、10000円くらいの少額から始めようとしている人でも利益を出せる可能性が十分にあります!

日本人に大人気の会社

海外FXで両建てを行う時の重要なポイント3つ

先述したとおり、様々なメリットがある両建て取引ですが、以下のとおり2つの重要なポイントがあります。

海外FXで両建てするときに重要なポイント3つ
  • 両建てを行う上で重要なポイント①:タイミング
  • 両建てを行う上で重要なポイント②:ポジション
  • 両建てを行う上で重要なポイント③:両建てに適切な業者を選び

両建てを行う上で重要なポイント①:タイミング

「両建て活用タイミング」で先述したとおり、両建てを行う際はエントリータイミングが重要です。以下の4点を改めて確認しておきましょう!

  1. 相場の急変動
    相場の急変動に巻き込まれた際、どこまで変動する可能性がある、証拠金維持率をみてこのままだと強制ロスカットに引っかかるかもしれないなど、冷静かつ瞬時に判断して両建てポジションを持たなければ、挽回の余地がなくなります
  2. 経済指標時
    経済指標発表時は、予め相場が急変動することが予測できます。強固な下値抵抗・上値抵抗ラインを想定し水平ラインを引いたうえで、急変動の値動きをみながらどこまで上昇するのか下落するのかを想定して両建てエントリーする必要があります
  3. うねり取り
    うねり取りは、高等テクニックになります。買い下がり、売り上がりをしながら、ダウ理論をベースにどこで転換するのかを値動きを見ながら冷静に判断して、タイミングを外さないよう一手一手エントリーと決済をタイミングよく繰り返す両建て手法です。
  4. ロスカット回避
    強制ロスカットを回避するためには、1の相場急変動の際の両建てと同様にどこまで相場が動く可能性があるかを判断して、早めにエントリーする必要があります。そして、反発した際にどこまで反発するのかを判断して決済し、証拠金維持率の回復を目指すのです。

いずれも、高度なテクニックになりますから、両建てのタイミングを外すと更に損失を増加しかねませんデモ口座で経済指標発表時などを利用して練習してみましょう

両建てを行う上で重要なポイント②:ポジション

両建てを行うタイミングとも関係しますが、どこで買いポジション又は売りポジションをもつかが重要です。相場の急変動に巻き込まれた際はやむを得ませんが、基本的に買いポジションは売りポジションよりも安値、売りポジションは買いポジションより高値で両建てできると有利です。

ポジションを有利な価格で保有するためには、レンジ相場で買いと売りのポジションを持つようにすると有利なポジションを持つことができます。

レンジ相場の場合、ボリンジャーバンドの±2σの幅で見ると分かりやすいので、積極的に利用することをおすすめします。

両建てを行う上で重要なポイント③:両建てに適切な業者を選び

先述したとおり、両建てを有利に行うためには、業者選びが重要です。複数の通貨ペアで両建てをしたときに、必要証拠金が2倍必要、又は1倍必要という業者では、資金がいくらあっても足りません。

国内FX業者は、両建てすると必要証拠金が2倍から1倍の設定が多いのでおすすめしません。また、海外FX業者であっても両建ては必要証拠金が0円という業者ばかりではないので、必ずスペックを調べて確認する必要があります。

以下の関連記事を参考に、両建ての必要証拠金が0円になる業者を絞りこみましょう!

海外FXで両建てを行う際の注意点は?よくあるQ&A

FXで両建てを行う際には、以下の3つの注意点もあります。ミスを防ぐために確認しておきましょう

両建ての注意点よくある質問Q&A
  1. FXの両建てをする上で注意することはありますか?
  2. 必要証拠金が2倍になるって本当?
  3. 両建てはどこから設定できる?
FXの両建てをする上で注意することはありますか?

まず、両建てを禁止している業者では、両建て取引を行わないことです。また、両建て取引を推奨していない業者でも、必要証拠金が2倍になったりしますので、不利になることがあります。

一般に海外FXは両建てに厳しいといわれますが、実は同一口座内での両建て取引を禁止している業者は存在しません。むしろ、必要証拠金が0で両建てできるので、有利です。

海外FXが両建てを禁止しているケースは以下のとおりです。

  • 同一業者内での複数口座間の両建取引の禁止
  • 複数業者間での口座間の両建て取引の禁止
  • 家族・友人などグループで役割をもった両建て取引の禁止

これは、海外FX業者がゼロカットシステムを採用しているためで、ゼロカットを悪用した取引は禁止するという主旨です。たとえばどちらかの口座でゼロカットが発動し損失を業者に補填させておいた一方で、もう一つの口座では利益をあげることで出来るのがその理由と言えます。

人気の海外FX業者における両建ての禁止状況は以下のとおりです。

スクロールできます
海外FX業者同一口座の両建て同一業者内の両建て複数業者間の両建て
XMTrading
GEMFOREX
iFOREX
TitanFX○(ゼロカット目的は✖)○(ゼロカット目的は✖)
AXIORY○(ゼロカット目的は△)○(ゼロカット目的は△)
TradeView○(ゼロカット目的は△)○(ゼロカット目的は△)
FBS○(ゼロカット目的は△)

△は両建てを禁止とは明言していないものの注意喚起をしているレベルと言う意味です。

このほか、家族や友人同士のグループで両建てすることも禁止か注意喚起している業者が殆どですから、注意しましょう

どのような方法で情報を得るのかは不明ですが、口座凍結の処分を受けた事例があるので、これら禁止事項には触れないように両建て取引をすることをおすすめします。

必要証拠金が2倍になるって本当?

両建てをすると、2倍の証拠金が必要になる業者が多いのは国内FX業者です。また、国内FX業者では証拠金が0になる業者は存在しません。あっても両建てMAX方式(1倍)の業者だけです。

海外FX業者では、同一口座内で両建てする場合、ほとんどの業者が必要証拠金は0になります

DD方式を採用している国内業者では、投資家(顧客)の利益が業者の損失、投資家の損失が業者の利益になる運営方式のため、損益が確定しにくい両建て取引を推奨していません。むしろ、禁止している業者もあります。

両建て取引をする場合は、海外FX業者のなかで、NDD方式を採用しており、同一口座内での両建てを禁止していない業者を選んで取引しましょう

両建てはどこから設定できる?

両建てを設定する機能は特に存在しません。トレーダーの裁量により、買い建てと売り建てを任意の価格でエントリーして設定します。

ただ、両建てを同時に解除(決済)する機能は、MetaTraderに備わっています。

詳しくは、「【解除方法】XMの両建てのやり方は?(MT4/MT5)」をご参照ください。

海外FXの両建て まとめ

海外FXの両建てまとめ
  • 両建ては、両建てすると必要証拠金が0になる海外FX業者で行うと効果的
  • 両建ては、利益を伸ばす選択肢を増やす他、税金対策にも有効
  • 両建ては強制ロスカットの回避などリスク回避のテクニックとしても使える
  • ただし、海外FXでは複数口座間の両建ては禁止されているので注意が必要

以上、両建てが有効に使える取引環境であらゆるリスクに対処しながら、有意義なトレードライフを楽しんでいただけましたら幸いです。

\ 口座開設ボーナス開催中!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる