TitanFX– category –

TwitterやYahoo知恵袋を観ていると以下のような疑問をもっている人をみかけます。

「ボーナスがない業者のどこがいいの?」などとつぶやいている人もいます。

そこで、今回はボーナスがないTitanFX利用者の生の声を基に同社の魅力・支持されている点、メリットとデメリットについて徹底的に調査してみました

使いこなせば大変メリットがある業者ですので、参考にしていただけましたら幸いです。

この記事のポイント
  • ボーナスがなくてもTitanFXのメリットがわかる
  • TitanFXの利用者の同社への評価がわかる
  • TitanFXの利用者の取引スタイルがわかる
  • TitanFXの信頼性・安全性・透明性お高さがわかる

TitanFXの基本情報を紹介

TitanFXとはどのような会社か、企業名・会社所在地などの基本情報を確認してみましょう。

スクロールできます
TitanFX企業情報登録内容
登録会社名Titan FX Limited
設立2014年
所在地1st Floor, Govant Building, Kumul Highway, Port Vila, Vanuatu
代表者Martin St-Hilaire
金融ライセンスバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)(登録番号40313)
金融ライセンス種別金融ディーラーライセンス (Principal)
Emailsupport.jp@titanfx.com 
引用元:TitanFX公式サイト

Titan FX Limitedは、南太平洋のシェパード諸島に位置するバヌアツ共和国(イギリス連邦加盟国)の首都ポートビラに本社を構える金融ディーラー業を主目的とした企業です。

経営陣は2014年、日本から撤退を余儀なくされた人気FX会社のPepperStone(本社オーストラリア)で経験を積んだ人材が役員となり同年に設立されました

PepperStoneは、日本の金融庁からオーストラリア政府に圧力がかかり日本から撤退したともいわれています。

TitanFXの経営陣は以下のとおりです。

出典:TitanFX公式サイト

CEOのMartin St.Hilaire氏は、ケベックのラヴァル大学でMBAを取得、CAとCPA(公認会計士)も保有しており4大会計事務所の1社であるKPMGでの勤務経験を活かし、Titan FXに経理・監査や金融マネジメント分野で深い知識と経験をもたらしています。また、2015年からはバヌアツ金融センター協会の会長も務るエリートです。

出典:TitanFX公式サイト

バヌアツ・ニュージーランド・アメリカ・イギリスに主な拠点をもち、その他世界各国にサービスセンターを設置、取引サーバーを現地で運営しています。

特にTitanFXのユーザーの注文がどこよりも速く且つ確実に約定するよう、上の図のとおりダイレクトECNサーバーをニューヨーク設営する徹底ぶりには脱帽です

その甲斐あってTitanFXの注文執行率は海外FX業者のなかで、1位の高さを誇っています。

詳しくは後述しますので、確認してくださいね。

TitanFXを使うメリットを5つ紹介

TitanFXを利用するとどのようなメリットがあるのか?について、具体的に見ていきましょう。

読みたい記事にスキップしたい場合は以下のリンクをクリックしてください。

スプレッドが狭いブレード口座がある

先述したとおりTitanFXの約定力は業界1位ですが、スプレッドはどうかを確認しましょう。

スクロールできます
TitanFXAXIORYXMTradingHotForex
往復手数料7USD(0.7)6USD10USD6USD※
USDJPY0.3(1.0)0.2(0.8)0.4(1.4)0.2(0.8)
EURJPY0.3(1.0)0.2(0.8)0.5(1.5)0.1(0.7)
GBPJPY1.3(2.0)1.0(1.6)1.7(2.7)1.2(1.8)
AUDJPY0.7(1.4)0.7(1.3)1.3(2.3)1.4(2.0)
EURUSD0.2(0.9)0.2(0.8)0.2(1.2)0.5(1.1)
GBPUSD0.7(1.4)0.5(1.1)0.4(1.4)0.7(1.3)
AUDUSD0.4(1.1)0.5(1.1)0.5(1.5)0.9(1.5)
1ロット(10万通貨)取引あたりのスプレッド比較(単位=pips)
※Hotforexのマイナー通貨ペアの取引手数料は往復8USD

ご覧のとおりTitanFXのブレード口座は、設定の上ではAXIORYのナノ口座に若干負けてはいますが、約定力の高さを勘案するとほぼ同列といってもよいでしょう。

TitanFXは取引コストの安さも業界トップクラスといえます

スキャルピングにおすすめの会社

まず、先述した注文執行率の業界順位を見てみましょう。

注文執行率ランキング注文執行率
1位 TitanFX99.98%
2位 XMTrading99.92%
3位 AXIORY99.84%
4位 GEMFOREX99.79%

約定力は、約定スピードが速ければ高いと誤解されがちですが、実は注文執行率が高くないとスリッページが発生することはあまり知られていません。国内業者の注文執行率はもっとも高い業者でも85%程度です。

注文執行率が高いと、ECN市場やインターバンク市場でユーザーが注文した価格にもっとも近い反対注文をいち早く見つけて有利な価格で約定してくれます。

注文執行率の高さは、他の誰かの注文に競り勝ちもっとも有利な価格で約定するため、ロスコストが発生しにくいことを意味しているのです。

つまり表面的なスプレッドの狭さや約定スピードの速さだけでは、以下の図のとおり隠れスプレッドが発生している可能性が高いので注意しましょう

TitanFXの約定力の高さは、スキャルピングに向いています。狙う利幅が小さい代わりにロスカット幅も狭く一日に数十回と取引を重ねるスキャルピング。

スプレッドの狭さのみならず、スリッページによる隠れコストをいかに抑えるかが重要です。

スリッページとは約定する瞬間に現在値から離れた価格と約定してしまう現象を指しますが、実は約定力が低い環境では日常的にロスコストが発生しているので注意してください。

その点TitanFXは、スプレッドが狭いうえに世界一位の約定力を誇ますので安心してスキャルピング取引ができるでしょう

NDD方式採用で取引の約定力・透明性が高い

NDD(No Dealing Desk)方式は、ユーザーからの注文を直接インターバンク市場やECN市場に流して取引を行う注文方式のことです

これに対してDD(Dealing Desk)方式は、相対取引でユーザーとFX業者が1対1で取引を行う注文方式で、ユーザーの利益は業者の損失、ユーザーの損失は業者の利益という関係性になります

以下の図を見てみましょう。

DD方式とNDD方式解説

NDD方式ではユーザーの注文を取引サーバーを経由はしますが、直接インターバンク市場に流して約定します。しかし、DD方式ではFX業者のディーラーがユーザーの取引に介入するため、人の何らかの意思が働くので透明性が低いといわれています

つまり、NDD方式を採用している業者とそのユーザーは、ユーザーが利益をあげてくれることで取引を継続してくれる可能性があるので、ユーザーの利益はFX業者の継続的な利益に繋がるという関係性です。

国内業者はすべてDD方式を採用していますが、取引にいちいちディーラーが絡んでほしくはありませんよね。

TitanFXは、ユーザーは市場と取引するべきで業者は高い約定力や扱いやすい取引ルールなど競争力のある取引環境を提供するのみというポリシーがあるため、NDD方式を採用しているのです。

透明性の高い取引をしたい方にはTitanFXをおすすめします

TitanFXは顧客資産を分別管理し預金保護を行っている

TitanFXは同社の預金者の預金を保護するため、運営資金と預金者の預金を以下の金融機関に分別管理しています。

スクロールできます
分別管理先金融機関特徴
NBV(バヌアツ国立銀行)バヌアツ政府が70%の株式を保有
NAB (ナショナルオーストラリア銀行)オーストラリア最大の民間銀行

バヌアツ共和国には信託銀行制度がないため、外部弁護士を受益代理人とした独自の信託保全制度の仕組みで対応しています。

具体的にはTitanFXが万一経営破綻した場合、上記2行で預金している顧客の預金は保護され受益代理人から返還される仕組みです

ただし、保険会社など第三者機関が入った信託保全制度により顧客資産を保全している訳ではありませんので、その点は留意する必要があるでしょう。

不正にならない範囲での両建てができる

両建て取引とは、同じ通貨ペアで同時に買いと売りのポジションをもつ取引のことを指します。お気づきと思いますが、買いと売りを持つと相場が上昇しようと下落しようと利益と損失が相殺されてスプレッドと取引手数料以外の損益は発生しません。

両建て取引のメリットとしては以下の点があげられます。

両建て取引のメリット
  • レンジ相場などで相場の様子見ができ、トレンドが発生したらどちらかのポジションを決済することでもう一方のポジションの利益を伸ばせる可能性がある
  • 通貨ペアによってはスワップポイントプラスが大きくマイナスが小さいものがあり利益にすることが可能
  • 相場の急激な価格変動による強制ロスカットリスクを応急的に食い止められる

FX業者のなかには両建て取引を禁止している業者もありますが、TitanFXでは同一口座内での両建て取引は禁止していません

ただし、以下の両建て取引では口座凍結を受ける可能性があるので注意してください。

TitanFXで禁止されている両建て取引
  • TitanFXの複数口座間での両建て取引
  • ゼロカットを悪用した両建て取引
  • 他の業者の口座とTitanFXの口座間での両建て取引

TitanFXでは、1アカウントあたり15口座まで無条件に口座開設することが可能ですが、複数口座間での両建て取引は禁止されています

複数口座間で両建てポジションを保有した場合、片方のポジションはゼロカットが発動したとします。するともう一方の口座のポジションは利益が出ることがほぼ確実です。

ゼロカットはTitanFXが損失を補填してくれる仕組みですから損失を補填させておきながらもう一方の口座では確実に利益をあげる訳ですから禁止しているようです。なるほど、というところ。

次に他の業者の口座とTitanFXの口座間での両建て取引も同様に、どちらかの業者にはゼロカットを発動させて損失を補填させておきながら、もう一方の業者の口座では利益をあげることができます。

これを多くの人が実行すると特定の業者を狙って最悪経営破綻に追い込むこともでるかもしれません。どのような仕組みかは分かりませんが、複数業者間で両建て取引をして口座凍結措置を受けた例がいくつもあるようです

余計な疑いをかけられてもつまらないので、両建て取引をする際は同一口座内での取引に留めましょう

TitanFXを使うデメリットを2つ紹介

これまでTitanFXのメリットばかりを解説してきましたが、同社にはデメリットもあります。具体的に見てみましょう!

TitanFXのデメリット

ボーナスが一切ない

TitanFXにはよくある新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどは一切提供していません

先述したとおり、FX業者はユーザーに最高の取引環境を提供するというポリシーがあることからこれをシンプルに実行していると言えます。

FX業者の目線で見ると、下記の図のとおりボーナスを提供するためには取引条件のなかのどこかでその予算を捻出する必要があります。

NDD方式を採用している業者の粗利益はスプレッドか取引手数料です。このようにボーナスを提供するということは、スプレッドを広げて予算を確保する他ありません。

しかし、一般にFX業者が提供している入金ボーナスは口座残高である自己資金が枯渇してからしか取引には使えない後付けの代物です。もし、あなたの取引手法がスキャルピングやデイトレードであれば、毎回の取引でスプレッドが広くてもボーナスが付与された方がお得ですか?

それよりもボーナス分スプレッドが狭く、後付けではなく先取りできる取引条件の方が利益を出しやすいと思いませんか?

ボーナスは確かにお得ですが、勝率が高く利幅が狭いが一日に数十回の取引を重ねるスキャルピングでは無意味と言ってよいでしょう。

ただし、狙う利幅が大きい代わりにロスカット幅も広くなるスイングトレードには、クッション機能付きボーナスは期待値的・保険的な意味でも大変有効と言えます。

このように取引手法と環境によって、ボーナスの有無はメリットとデメリットが大きく変わりますので覚えておいてください。

運営歴が浅い

先述したとおり、TitanFXは2014年に設立された運営歴が浅い業者で今年を含め約8年の運営歴です。運営歴が浅いと不安に感じる方もおられるでしょう。

しかし、先述したとおりTitanFXの経営陣のFX業界での経験は決して短いとは言えません。たとえば世界各地にサービスセンターを配置し取引サーバーを設営してまで高い約定力に拘る業者は他に類を見ませんし、むしろ経験を活かした体制づくりをしていると言えます。

金融ライセンスを取得・維持し、代表者がバヌアツ金融センター協会の会長まで勤めている業者を新参者と評する根拠はありませんよね。

TitanFXの評判・評価はいかに

TitannFXを評価する前に、TitannFX利用者の生の声を見てみましょう!

TitanFXを利用者の評判から評価を先に見る

TitanFXの利用者の口コミ・評判

不正価格操作とは穏やかではありません。これらの不正を海外5社が”project HARAKIRI”と名付けて共同で仕組んでいるとすっぱ抜いた記事とのこと。利用者がガッカリしている様子がうかがえます。

このように自身で徹底的に調べてこの情報がフェイクであると判断した人もいたようです。

この情報の発信元「FinanceNewsTopic」を検索してみると、以下のとおり現在はサイト自体存在しませんでした

結局、”project HARAKIRI”はフェイクニュースだったようです。それにしてもFinanceNewsTopicは一体何の目的でこのようなガセネタをネット上にバラまいたのか悪質極まりない行為です。

<口座開設の相談>

<質問>
TitanFX(で口座開設を考えています。国内のFX多少経験があって、海外FXでハイレバのスキャルとデイトレを中心に稼ごうとおもってますが、TitanFXの口座開設では、ボーナスがないのです。しかしその分、スプレッドや約定力などのタイタンFXの評判は、色々調べても非常に良いので開設する方向では考えています。
(中略)
海外FXのトレード経験者の人がいたら、アドバイスほしいです。

<回答>
TitanFX(タイタンFX)で口座開設しました。海外FXと株の経験4年くらいで、生計をたててるものです。おそらく2016年ごろの開設だったと思います。たしかに口座開設時にボーナスはありませんでしたが、日本語サポートも丁寧で、AXIORYも持っていますが、個人的には、スプレッドが狭い TitanFXの口座ほうが使いやすいです。

自分に合った会社を決めてくほうが良いです。頑張って下さい。                                       

                                                    出典:Yahoo知恵袋

<質問>
FXで決済注文の逆指値の値まで達していなかったはずなのに逆指値の値で決済されてしまいました。使用しているのはMT4のTitanFXで、注文はAUDNZDで新規注文がsell limitで1.03184、決済逆指値が1.03280、決済指値が1.03080でした。

<回答>
口座はスタンダードですか? ブレードですか?
どちらにせよ スプが広がりそうな値幅ですね
2021/9/16 00:02:23 ← MT4時間ですか? であれば日本時間でAM6時になるのでスプが拡大する危ない時間帯です                                      

                                                    出典:Yahoo知恵袋

TitanFXを利用者の評判から評価

TitanFX利用者の生の声を幅広く調べてみました。一点ガセネタによる価格操作という悪質な情報はありましたが、それ以外に出金拒否やストップ狩りなどの悪い評判はありません。

日本語サポートの評判も大変よく、親切な対応をしていることがうかがえます。

以上のことから、TitanFXを以下のとおりに評価します。

TitanFXの評価
  • TitanFXは金融ライセンスを保有し信頼性が高く、顧客預金保護と信託保全制度を導入している安全性も高い
  • TwitterなどでTitanFXユーザーの独特のコミュニティーができており情報が入りやすく便利
  • スプレッドの狭さ・スワップポイントプラスの通貨ペアがある・取引手数料の安さは業界トップクラス
  • 出金拒否やトラブルがない
  • TitanFXで仮想通貨に両替して出金できるのは便利
  • 取引コストが安く、約定力が高いためスキャルピング~デイトレードに向いた業者

TitanFXには、以下の注意点もありますので、確認しておきましょう。

TitanFXの注意点
  • 土日は仮想通貨取引ができない
  • 仮想通貨のスワップポイントは買い・売り共マイナススワップで金利が高いのでスイングトレードは注意
  • ブレード口座は最低入金額10万円で、最低1ロット(10万通貨)以上の取引をしないと手数料が高くなる
  • 取引に関する禁止事項は少ない業者だが、下記の禁止している事項には抵触しないよう注意が必要
TitanFXの取引禁止事項
  • TitanFXの複数口座間での両建て取引
  • ゼロカットを悪用した両建て取引
  • 他業者の口座とTitanFXの口座間での両建て取引

以上のことを認識して、TitanFXを活用すればロスコストがもっとも少ないことを含め取引コストが安くスキャルピングからデイトレードまで効率のよいトレードができるでしょう

TitanFX 評判のまとめ

TitanFXの利用者の評判から生の声を参照しながら、同社の最新情報を基に評価しました。

当記事のポイントを以下にまとめました。

TitanFX 評判のまとめ
  • TitanFXは信頼性・安全性が高い業者
  • 取引コストが安く約定力が高いためレンジ相場など狭い値幅でも十分に利益が獲れる取引環境を提供している
  • 早朝のスプレッドが広がる時間帯で数十倍など極端に広がることがあるためスイングトレードには向かないかもしれない
  • 出金拒否がなく日本語サポートが親切で質も高いため、取引口座運用が楽にできる業者

投資は短期・中期・長期で運用していくことがもっとも効率がよいとされてます。TitanFXはスキャルピング専用口座として、1つ保有する価値がある業者ですのでおすすめします

信頼できる取引環境を手に入れ、トレードライフを楽しんでいただけましたら幸いです。