VIP・Standard 有料データの期限が過ぎたらどうなりますか?

有料データの期限が過ぎたら、Basicデータサービスになります。つまり、期限切れあとは、Basicデータがダウンロード可能となります。Basicデータは、プロバイダがForexsitのみとなります。VIPやStandardデータサービスでダウンロードしたForexsit以外の(例えばFXDD)データとは整合性がありませんので、期限切れ後に続きからダウンロードするようなことはできません。継続してご使用になりたい場合は、再度、データサービスを購入してください。

継続しないで、期限切れまでのVIP・Standardデータを使いまわす場合は、シンボル名を変更するか、“サーバーからアップデート”を行わない、かのどちらかで使用可能です。 r
シンボル名を変更したデータはそのまま残りますのでVIP・Standardデータとして使用可能です。シンボル名を変更していない場合、期限終了後に“サーバーからアップデート”を行うとダウンロードされていたはずのVIPデータがBasicデータに上書きされて無くなります。
期間終了後も保存したデータを使用したい場合は、シンボル名を変更してください。変更しない場合はサーバーからアップデートをしないでください。

期限が過ぎてから“サーバーからアップデート”した場合、下記のようにブローカーは“forexite”のみとなり、“ティックデータをインポート”側は、“no data”となります(VIPデータ等は上書きされて消えた状態)