ForexTester5 初歩的な使い方

ForexTester5 の初歩的な使い方を動画で解説します。インストールしてからテストを開始するまでの流れを説明しています。

FT5の外観(インターフェース)はFT4と同じ表示にできます。



まずはチャートデータのダウンロードを行います。(下記はBasicデータ)

ForexTester5・4共通の基本操作

下記①~④のガイド動画を見ていただければ、ForexTester購入後、すぐにテストが始められるようになります。データのダウンロードから動作させるまでの手順を解説。(下記はBasicデータ)

①チャートデータのダウンロード

まずはチャートデータのダウンロードを行います。(下記はBasicデータ)



②プロジェクトの作成

次に、プロジェクトの作成を行います。プロジェクトの作成が終わればテスト開始できます。



③複数通貨ペア、複数時間足チャートの表示

複数通貨及び複数時間足の表示方法についての動画です。



④注文 について

注文の操作についての説明です。
成り行き注文、指値注文などの操作が可能です。



基本的な操作とそれに必要な各メニューについて

ファイル タブについて

ファイルタブで行える操作についての説明です。
ファイルタブでは新規プロジェクトの作成、チャートの追加やファイルの出力など幅広い操作を行えます。



プロジェクト タブについて

プロジェクトタブで行える操作についての説明です。
プロジェクトタブでは新規プロジェクトの作成、プロジェクトの保存、保存していたプロジェクトの再開、プロジェクトのやり直し、等の操作が可能です。



表示 タブについて

表示タブで行える操作についての説明です。
表示タブでは、チャートモードの切り替えや、色・大きさなどチャートに表示される内容についての編集を行えます。



挿入 タブについて

挿入タブで行える操作についての説明です。
挿入タブでは、描画ツール、インジケーターなどをチャートに追加できます。。



よく使用する機能とその操作について

データセンターでできること

通貨ペアの追加・削除及びダウンロードやプロパティの変更、通貨ペアの設定等はすべてデータセンターで行います。



注文の修正や決済

注文の変更や一部決済についての説明です。



インジケーターを表示させるまでの手順

例えば、移動平均線をチャートに表示させたい場合の手順を動画で解説します。設置方法はどのインジケーターでも同じです。

  


インジケーター適用の際の注意

お使いのPCのスペックによってはインジケーター適用時に動作が重たくなる場合があります。
例えば1分足にインジケーターを適用し、長期足のチャートに切り替えて検証を行うと、バックグラウンドでの処理は続行され動作が重たくなります。
インジケーターを適用して重たくなった場合は、必要な時間足にのみインジケーターを適用してお試しください。

  


描画ツールの使い方

水平線、垂直線などの描画ツールの使い方動画です。

 


各パネルの説明及び表示・再表示とレイアウト

口座履歴や統計、オープンポジションなど、
ForexTesterに表示されるパネルの説明と操作についてです。

 


テンプレートについての操作

インジケーターやチャート設定をテンプレートに保存し、別のチャートや別のプロジェクトで再現できます。

 


フィボナッチツールの操作

フィボナッチツールの表示及び設定についてです。

 


ツールバーの表示・動かし方

データセンターを開く、タイムフレームを調整する、水平線等を引く、など検証に便利な機能があるツールバーの表示、動かし方の動画です。

 


チャートの動かし方・スピードの変え方

チャートの一時停止、動作速度の変え方、手動でのチャート操作、タイムフレームの調整に焦点を当てた動画です。

 


  • 日本語でのサポート購入は、『購入プラン』から購入してください