テンプレートの使用方法

テンプレートは、1つにチャートに入っている全ての設定を保存し、再利用する機能です。インジケーター、描画ツール、色設定などをテンプレートとして保存できます。
テンプレートがあると、テストの設定が簡単になり、テストをしやすくなります。 チャート上で全ての設定をした後に、テンプレートとして保存できます。 テンプレートを保存方法は下記です。
1. "表示"をクリックします


2. テンプレート --> テンプレートを保存、もしくはチャート上で右クリックをして、テンプレート → テンプレートを保存をクリックします。


3. テンプレート名を記入し、保存したいオプションにチェックを入れます。
-保存オプション
-配色を保存: 現在のチャートのメイン配色と追加の配色を保存します。
描画ツールを保存: チャートに描いたラインや形などを保存します。
'-インジケーターを保存: チャートへ入れたインジケーターを保存します。


→チャート、バー、グリッドなどの色を保存します。(色設定の保存だけで、インジケーターはチャートに表示されません)


→ 現在のチャートに入っているすべてのインジケーターを保存します。


→ 配色以外に、ライン、フィボナッチツール、図形、チャネル、テキストラベルなどの描画されたものを全て保存します。
注意: (上記のように)不必要な保存内容にチェックをはずすことができますし、初期設定のままにすることもできます。


もし他の通貨ペアでもテンプレートを使いたいのなら、"描画ツールを保存"からチェックをはずすことをお勧めします。通かぺが違うと保存した図形などが正しく表示されません。


注意: MT4と違い、インジケーターは選択した時間足にのみ保存されます。例えば、15分足、1時間足、4時間足のテンプレートを作ったとします。このテンプレートをチャートに入れた場合は、同じ時間足のチャートでしか、インジケーターは表示されません。
テンプレートをチャートへ適用するには、チャート上で右クリックをし、テンプレート → テンプレートを適用をクリックします。


注意:テンプレートの内容に沿い、チャートに変更が加えられます。テンプレートで設定したタイムシフトも復元されます。 そのため、テンプレートは、特定の時間足に入れた時間足やインジケーターなど、完全な状態でチャートへ復元されます。
テンプレートの名前の変更や削除方法は下記になります。
1. チャート上で右クリックをします。
2. "テンプレート --> テンプレートを編集"をクリックします。


3. テンプレートのリストが表示されます。リストからテンプレートを選択します。


4. "名前を変更"ボタンをクリックし、変更を行います。


テンプレートを削除したいときには、"削除"をクリックします。


また、表示 --> テンプレートのメニューからもテンプレートをチェックできます。


テンプレート --> デフォルトをクリックすると、デフォルト設定のチャートが表示されます。

テンプレートを他のPCへ移行させたいときは、PCの中のForex Tester3フォルダーForex Tester 3 (C:\ForexTester3 folder )へ行き、Templatesフォルダーを選択し、コピーを行い、保存してください。このフォルダーにテンプレートのファイルが入っています。