新規プロジェクトの作成

Forex Tester3は検証を始める前に、テストするデータの準備をします。 データセンターでダウンロードしたデータから検証する通貨ペアを選択して検証するデータを用意します。"新規プロジェクト"をクリックし、検証したい通貨ペアやテスト期間の選択、証拠金の設定、を行います。

たとえば、10の通貨ペアのデータをダウンロードし、そのうちの2つの通貨ペアのみテストをしたいとします。新規プロジェクトを作成するときに、この2つの通貨ペアを選択し、任意の期間、例えば2012年から2016年までの期間でテストを開始する、ということができます。

"新規プロジェクト"ボタンをクリック、あるいは、メニュー、新規プロジェクトをクリック。


【新規プロジェクトを作成】
プロジェクトの名前を入力し、証拠金(ドル建てとなります)を設定します。


"次へ"ボタンをクリックします。次の画面で下記の設定を行います。


シンボル選択のリストから、テストをしたい通貨ペアを選択。(「全てを選択」ボタンですべての通貨ペアが選択されます。) 1つ以上の通貨ペアを同時にテストできます。テスト開始期間の"開始時間"と"終了時間"には、テストをしたい期間の日付を入れてください。

【テストクオリティ】
Basic、Standardデータサービスをお使いの方は、“1分データを使用する”を選択してください。
VIPデータサービスをお使いの方は、“1分とティックデータを使用する”を選択してください。
*Forexiteのデータは上記を選択

【高度な設定】
テストに使用するデータのクオリティを設定します。これには2つの方法があります。


・【OHLCポイントでティックを変換】では1分ロウソク足は1から4つのティック数を含みます。始値/高値/安値:/終値の4回上下して1分足が生成されます。こちらはPCハードウェアへの負荷が軽減されます。
・【ボリュームを使ってランダムにティックを変換】では1分足の中に入っているティック数は、そのロウソク足のボリュームと同じになります。ティックは1分足の中にランダムに設置されます。
 *"ボリュームを使ってランダムにティックを変換" は、あくまでも疑似的な動きです。リアルなローソクの上下動作とは異なります。
リアルなローソクの上下動作に近づけたい場合は、VIPデータサービスをご購入下さい。VIPデータを購入された場合のみ、"取込まれたティックデータを使用"オプションを選択してください。このオプションはベストなテスト環境を作ります。

設定をしたら、"次へ"をクリックしてください。

【タイムゾーン】
選択した全ての通貨ペアに対して適用されます。Forex Tester3のデータは全てGMT(世界標準時刻)となります。日本時間は、+9に設定してください。

【テスト開始時間】
・"データの最初からテストを開始" の場合は、前のウィンドウで"開始時間"に入れた日付からテストを開始します。
・"テスト開始日を決定" の場合は、テスト開始日を変更できます。この場合、好きな日付からテストを開始できます。パラメーターのバーをスライドして指定するか、"開始日時"へ日付を入れるか、カレンダーから選択して開始日を決めます。こちらは、移動平均線などの、昔のデータを使うインジケーターや、ラインを使う場合等、過去データを使った分析をする場合に役立つ機能です。


設定完了後、“作成”をクリック。チャートが出たら、"テスト開始"ボタンをクリックして、テストを始めます。
*“データ無し”という表示が出ても、"テスト開始"ボタンをクリックしてチャートを動作させると表示されます。