初めての方でもわかる! これだけ見ればきっと使えるガイドムービー!

ForexTester3 の初歩的な使い方を動画で解説します。まずは、“ForexTester3の基本操作”をご覧ください。このガイド動画で基本的な操作が解ります。
次に“一つの通貨ペアのチャートを異なる時間足で同時に動作させたい”か、“複数の通貨ペアのチャートを同時に動作させたい”をご覧ください。その後“インジケーターを表示させるまでの手順 ”と“チャート設定をテンプレートに保存して他のチャートに反映させる” をご参照ください。
さらに各機能の詳細を確認したい場合に“各操作の詳細解説”をご参照ください。ここまでの動画で大体の操作はできるようになります。


ForexTester3の基本操作

このガイド動画を見ていただければ、ForexTester3購入後、すぐにテストが始められるようになります。データのダウンロードから動作させるまでの手順を解説。(下記はBasicデータ)



一つの通貨ペアのチャートを異なる時間足で同時に動作させたい!

例えばUSDJPYを4つの異なる時間足で4画面表示させすべての時間足のチャートが連動して動作させながら検証したいというチャート設定の方法(下記はBasicデータ)

>


複数の通貨ペアのチャートを同時に動作させたい!

Forex Tester3は異なる通貨ペアのチャートをいくつでも開くことができます。そして、リアルチャートのようにすべて連動して各チャートを同時に動かすことができます。(下記はBasicデータ)



インジケーターを表示させるまでの手順

例えば、移動平均線をチャートに表示させたい場合の手順を動画で解説します。ForexTester3は45種類のインジケーター、オシレーターを設定できます。設置方法はどれも同じです。

  


チャート設定をテンプレートに保存して他のチャートに反映させる

ForexTester3は、上記で設定したインジケーターや、チャートの色、形状などの設定内容を一つのパターンとしてテンプレートにして保存しておます。 テンプレートにしておくことで、新たにチャートの表示を増やしたときに一から設定することなく、保存したテンプレートを呼び出すだけでマイ設定のチャートが出来上がります。

 


各操作の詳細解説

Forex Tester3は、リアルさながら自動でチャートを動作させるだけでなく、スピードを変えたり、一時停止したり、手動でローソク足を一本ごとに動かしたりできます。

 


チャートの動作を一時停止

テストを止めるには”一時停止”ボタンを押してください。テストを再開するためには、ボタンを再度押します。
 *テスト開始が押された状態に限ります


チャートの動作速度を変える

テストのスピードを遅くするためにはバーを左へ動かしてください。
 *一時停止ボタンが押された状態に限ります


ローソク足を手動で進める

キーボードの”スペース”キーを押すかツールバーをクリックするごとにバーは前に進みます。
 *一時停止ボタンが押された状態に限ります


ローソク足を手動で戻す

キーボードの”バックスペース”キーを押すかツールバーのボタンをクリックする度にバーは前に戻ります。
 *一時停止ボタンが押された状態に限ります


チャートの時間足を変える

ドロップダウンメニューから、時間足(タイムフレーム)を変更できます。


チャートの上下動作を時間足のサイズ(ティックサイズ)で変更する

ティックパッケージのサイズは、対応するドロップダウンメニューをクリックすることで変更できます。
 *チャート速度の変更に使えます