表示中のテクニカル指標

ツールバーにあるこのボタン を使ってチャートへインジケーターやオシレーターを追加できます。または、メニューバーの挿入 → インジケーターを追加 からも行えます。


また、チャートの上で右クリックをして、"インジケーターを追加"を選択して追加することもできます。 各インジケーターを選択後、インジケーターのプロパティを設定する画面で表示されます。


インジケーターのパラメーターを変更するには、項目欄をダブルクリックするか、左クリックで選択後、"Enter"キーを押してください。 設定項目により、ドロップダウンメニューから選択したり、数値を選択する場合があります。


変更をキャンセルするには、キーボードの"Esc"キーを押してください。変更を行うなら、"Enter"キー、または"Tab"キーを押すか、マウスの左クリックをしてください。各インジケーターは表示されているタイムフレームとリンクするようになっています。 たとえば、1時間足にインジケーターを入れたなら、他の時間足でそのインジケーターは表示されません。(5分足、1分足など) これはソフトウェアの最適化のために行っています。このようにしないと、テストのスピードが遅くなってしまいます。 そのため、テストに必要な時間足だけにインジケーターを表示することをおすすめします。 "タイムフレーム"タブから、インジケーターを入れる時間足を選択できます。


インジケーターを編集するときは、インジケーターのライン上で右クリックをしてください。次の画面が表示されます。


インジケーターのプロパティを編集("インジケーターを編集"ボタン)するか、チャートから削除("インジケーターを削除"ボタン)するか、選択できます。オシレーターウィンドウには、2つ以上のインジケーターを同時に入れることもできます。 オシレーターウィンドウの上で右クリックをし、"インジケーターをウィンドウに追加"から追加をしてください。 オシレーターをウィンドウを削除した場合、そのウィンドウに入っている全てのインジケーターが削除されます。


また、ツールバーの"インジケーターリスト"ボタンから、チャートに入っているすべてのインジケーターが確認できます。


ここで、インジケーターの編集、インジケーターの削除、すべてのインジケーターをまとめて削除ができます。基本的なインジケーターはForex Testerに入っています。もしForex Testerに入っていないインジケーターを使いたい場合は、インジケーターを自分で作ったり、プログラマーへ頼むこともできます。
カスタムインジケーターは、ファイル --> インストール --> 新規インジケーターをインストール からインストールできます。 カスタムインジケーターを作成するAPIがあります。(C++ と Borland Delphiに対応) 本社フォーラムにて各種情報を公開しています。
Forex Testerに入っているインジケーターリスト
アクセレーターオシレーター (B. Williams)
ADR
AMA (適応的移動平均)
Average Directional Movement Index (ADX)
アリゲーター (B. Williams)
ATR (Average True Range)
オーサム・オシレーター (B. Williams)
ベアーズパワー
ボリンジャーバンド
ブルズパワー
Commodity Channel Index (CCI)
エルダーのForce Index
エンベロープ
FATL
フラクタル (B. Williams)
FTLM-STLM
平均足
一目均衡表
ケルトナーチャネル
線形回帰チャネル
Moving Average Convergence Divergence (MACD)
MAクロスオーバーシグナル
MFI
モメンタム
移動平均 (Simple, Exponential, Weighted, Smoothed)
オンバランスボリューム (OBV)
パラボリック-SAR
PCCI
ピボットポイント
Polarized Fractal Efficiency (PFE)
プライスチャネル
プライスデイリーレンジ
レートオブチェンジ (ROC)
Relative Strength Index (RSI)
ソーラーウィンド
ストキャスティクスオシレーター
レンジバー
レンジエクスパンションインデックス
トレードダイナミックインデックス (TDI)
タイムボックス
ウルティメイトオシレーター
ボリューム
ウィリアムのパーセントレンジ (%R)
ジグザグ