データセンター

データセンターでは、過去データをダウンロードしたり、通貨ペアの設定を行います

・1分足データをサーバーからダウンロード
・ティックデータをサーバーからダウンロード(VIP データサービス購入者のみ)
・ブローカーを変えてデータをダウンロード(VIP・Standard データサービス購入者のみ)
・通貨ペアの追加/削除
・通貨ペアの設定の確認、および編集(スプレッドなど)
・データをCSV形式で出力(ティックデータは出力できません)

データセンター画面の開き方

ファイル、データセンター クリック


または、データセンターのアイコンをクリック

初期の状態では1か月間のデモ版のデータがあります。1分足のグリーンの帯が表示されます。データの期間は、帯の両端に表示されます。

ForexTester3のデータの考え方

MetaTraderのように各時間足のデータを保有しているわけではなく、1分足のデータのみを保有します。各時間足は1分足を累積して生成します。ForexTester3は1分足を組み合わせて各時間足を作るため、2分足や10分足、3時間足、8時間足など任意の時間足を生成表示させることができます。

上記画像のグリーンの帯は、1分足のデータがあることを表しています。その下の帯はティックデータの有無を表します。ティックデータは、VIPデータサービスを購入後、ブローカーをForexite以外に設定(例えばFXDD)してダウンロード(サーバーからアップデート)すると取得できます。

通貨ペアの追加・削除


『追加』したい場合の詳細設定


スプレッドなど変更したい場合の詳細設定

変更したい通貨ペア、プロパティを変更、をクリック

下記項目の数値を変更、OKクリックにてできます。変更後は、改めて『新規プロジェクトの作成』が必要です

ブローカーを変更してデータをダウンロード

VIPデータサービス購入者の方は Forexite 以外を選択してください

データの管理


1.サーバーからデータをダウンロード

"サーバーからアップデート"ボタンは、ForexTesterサーバーから過去データをダウンロードするときに使用します。

2.外部のファイルからデータをインポート

"ファイルからインポート"ボタンは、他のソースから入手した過去データファイルを取込むときに使用します。 ファイルは、.txt, .cs, .hstに対応しています。

3.ダウンロード、あるいは取り込んだデータを削除する(通貨名は消去されません)

"ヒストリーをクリア"ボタンは、選択した通貨ペアの過去データを削除するときに使用します。 このボタンをクリックすると、1分足、ティックデータが削除されます。

4.Forex Testerのデータをエクスポート

"出力"ボタンは、Forex Testerに入っている過去データを、テキストファイルとして出力するときに使用します。例えば、エクセルを使って、分析やストレテジーの開発を行うときに使用します。 Forex Testerはどのタイムフレームでも出力ができます。(ティックデータは不可)